高価なお墓と安価なお墓は何が違う?詳しく解説します | 松尾石材株式会社|長崎|墓石|お墓の引っ越し|墓じまい|霊園
地図・アクセス

高価なお墓と安価なお墓は何が違う?詳しく解説します

長崎の墓石店3代目の話です。

高価なお墓と安価なお墓は何が違うのかを詳しく解説

 
お墓を探される際にもっとも気になるポイントの一つが、お墓の価格ではないでしょうか。
 
高価なものもあれば安価なものもあるのですが、高価格なお墓とはどんなお墓で、安価なお墓と比べてどのような違いがあるのか見ていきます。
 
近年は価格を抑えたお墓が人気を集めていて、高級なお墓は少し敬遠される傾向が見られます。
 
たしかにお墓は高価なものですので、安い方が経済的な負担を軽減できるというメリットもあります。
お葬式にも高額な費用が必要ですし、トータルで考えた時に費用はなるべく安く抑えたいと考えるのは自然なことです。
 
ただし、高級なお墓にもちゃんとしたメリットがあり、ただ価格が高いわけではありません。
どんなメリットがあるのかを正しく理解することで、本当に選ぶべきお墓が見えてきます。
 
単純に高いか安いかだけで決めてしまうのではなく、ひとつひとつのお墓について慎重に検討することが大切です。
 
では高級なお墓にはどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。
 
 

 

お墓で使われる石材の選び方

お墓の価格はさまざまな要素で決められていますが、そのひとつが墓石に使われる石材です。
 
石材としては主に御影石(花崗岩)が使われますが、国産の御影石なのか海外の御影石なのか、さらに御影石にも様々な種類があります。
その中からどの石を使用するかでも価格が大きく変わります。
つまり高級なお墓ほど質の高い良い石材や希少性の高い石材を使って作られているというわけです。
 
たとえば香川県で産出する庵治石(あじいし)と呼ばれる国産の御影石があるのですが、希少価値やブランド価値が高く最高級品といわれています。
 
九州では福岡県で採れる内垣石や佐賀県の天山石などが有名です。
これらの石も硬質で粘り強さや艶持ちも良く、ブランド価値のある高級墓石材として使用されています。
 
国産材のほかには、人気があるインド産の御影石があり、高価なお墓には人気の高いインド産や国産材など高級御影石が使用されています。
 
石材の価格にはそれ相応の理由があり、石の希少性吸水率の高さ硬質具合などの理由で価格差が生まれます。
吸水率や硬質具合はお墓の劣化スピードにも影響を及ぼす場合もあり、初期費用を安く抑えることが出来たとしても、結局は後になって予定外の費用がかかってしまうこともあります。
 
ただし、安価な石の中でも比較的に質の高い石も存在しますので、一概に高価な石は質が良く安価な石は質が悪いというわけではないということを頭に入れておきましょう。
 
お墓を選ぶ際は、石材の耐久性の違いなど石質について石材店に尋ねてみられてはいかがでしょうか。
 
 

 

墓石デザインについて

石材の種類の他にも高級なお墓はお墓のデザインを自由に決めることが出来る場合もあります。
 
特に近年はオリジナリティのあるお墓を求める人が増えており、よくあるデザインではなく、自分らしさを感じさせるデザインが人気を集めています。
 
オーダーメイドのようなもので、価格は当然規格の物より高くなります。
デザインによっては複雑な加工が入ったりサイズが大きくなるなどの理由で、さらに価格が上昇することもあるでしょう。
 
いずれにしてもオリジナルデザインのお墓は高級なお墓のひとつといえます。
 
デザインにこだわりがある場合は、費用をかけてでも自分の理想通りのお墓を建てる選択肢が生まれます。
 

墓地・霊園の選び方

お墓(墓石)の価格と同時に考える必要があるのが墓地霊園です。
 
墓地・霊園には公営霊園民営霊園寺院墓地などに分かれ、その中でも価格差があります。
 
お墓を建てる場所として立地が良かったり、サービスが充実していることなどが理由になっているケースもあります。
 
都市部の霊園でアクセスが良い・霊園側でお墓の維持管理を行ってくれるなど、いわゆる付加価値が付いているとそれだけ価格も高くなります。
 
これらもメリットのひとつで、立地が良ければそれだけお墓参りに行くのが楽になりますし、維持管理を墓地や霊園側がやってくれれば負担が減ります。
 
遠方に住んでいるなどで、定期的にお墓の維持管理をするのが難しいこともあるでしょう。
そうした時に墓地や霊園で手厚いサービスを用意してくれていると助かります。
 
お墓そのものだけではなく、お墓を建てる場所も価格に影響してくるわけです。
 
お墓を建てる場所を選ぶ際には、必ず墓地・霊園の立地や管理状況を確認し可能であれば現地を見学することをおすすめします。
 

注意してもらいたいこと

上記で述べたように高級なお墓には高級なだけの理由やメリットがあります。
 
ただし、高ければ良いお墓かと言うと必ずしもそうではありません。
墓石を販売するお店の中には、品質の低いお墓を高価格で販売しているようなところも実際にあります。
その様なお店も存在するので高いお墓が必ずしも優れているとは言い切れないことも覚えておいてください。
 
お墓の購入を検討する時は、それぞれのお墓やお店をじっくり検討することが大切です。
価格に見合った価値があるのかを見極めましょう。
 
石材は何を使っているのか、お墓を建てる墓地・霊園の立地やサービスはどうか、こちらの希望に親身になって対応してくれるか、このあたりに注目しておけば、良いお墓を見つけやすくなるでしょう。
 

まとめ

大事なのは価格だけを見て決めるのではなく、安いお墓と高いお墓を比較し、どちらが自分にとって良いお墓なのかを考えることです。
 
安価なお墓に注目しがちですが、高価なお墓にもメリットや魅力などきちんとした理由があります。
それらを慎重に比較することで自分や家族に合ったお墓がどのようなものなのかが見えてくるはずです。
 
どんなお墓にするかは簡単に決められることではないので、十分な時間をかけてご検討されることをおすすめします。



お墓の相談は
095-838-2449
matsuosekizai@gmail.comまで

 

LINEで問い合わせは、下記リンクより友達追加を行ってからお問い合わせください。

友だち追加

line://ti/p/@knb4345c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事は「くようのコ・ト・ナ・ラcotonara」の記事を参照しています。

 

月別アーカイブ