恩師、同級生 | 松尾石材株式会社|長崎|墓石|お墓の引っ越し|墓じまい|霊園
地図・アクセス

恩師、同級生

長崎の墓石店3代目の話です。

今年の夏休み最後にぷち同窓会をやりました。その時の話です。お墓の話ではないので興味を持たれた方は続きを読んで下さい。

メンバーは中学校の時の同級生2人、当時バスケの部顧問をやっていた先生、そして私の4人です。

久々にお会いするのに、先生は相変わらず元気モリモリで、自分も頑張んなきゃって元気を分けてもらっちゃいました。

①嬉しかったこと
先生が今でも元気だったこと
私たちの中学時代のことを今でも覚えていること

元気なのはもちろん嬉しいですが、自分たちでも忘れているような思い出を覚えていることには正直驚きました。しかも、先生目線での思い出として話が聞けるのが楽しかったですね。大人になって先生とお酒を飲みながらこんな時間が過ごせるとは思わなかったです。

②3つの初めて
話をしていて初めて聞くことや知ることがありました。
1つ目は、先生の奥様が幼稚園の先生であったこと、これは「へぇ~」くらいの内容ですが、その奥様が弟の担任だったのです。世間って狭いですね。
2つ目は、小学校6年間一緒にソフトボールをやっていた友達が先生の親戚だったことですね。文章にすると盛り上がらないですが居酒屋では興奮しちゃいました。
3つ目は、先生が案外近所に家を建て住んでいたってことです。知らないうちにスーパーですれ違ったりしてたかもしれないですね。


先生がどの人かわかりますか?若々しくて溶け込んでますよね。写真を見てて「生徒は老けて、先生は若々しい」って思うのは私だけですか?これ、どういうことですか!

でも、これからは、今回のような同級生や恩師の先生と一緒に過ごす時間が増えて行くんですよね。

子供が大きくなってきたので、部活や習い事をするようになれば、親御さん達とも一緒に過ごす時間が増えて行くんですよね。うんうん。

こんなことを考えていると、時間って過ぎていってると心から感じます。なんだか心が老いてますよね。

先生、同級生の2人、楽しい時間をありがとうございました(*^_^*)

では母校を紹介をします。お暇な方はご覧下さい。

・東長崎中学校ホームページ

・東長崎中学校PTA Facebook

・東長崎中学校 Wikipedia

月別アーカイブ